相談して良い結果を

後遺障害は、その認定された等級に応じて、保障される金額が大きくなる傾向にあります。それは多面から見た考え方においても重要であると言えるでしょう。しかし私達は後遺障害そのものを避ける方が、やはりどのようなリスクを避けることよりも重要な事、と言えるでしょう。最近では、高齢者の危険運転による事故が多発しています。それは新しいドライバーでもなんでもなく、今まで安全に車を運転してきたはずのドライバーなのです。

認知能力が下がること、また周囲の判断能力が下がることは交通事故のリスクを上げている、と言えるでしょう。ただ、その問題は私達自身が、勝手に進めて良い問題ではありません。検証していくから分かることもあり、それにはやはりきちんと準備していることを表明して行く必要があります。その表明には私達自身の意識も必要で、それで交通事故に遭いやすいか、という点も少なからずあります。

私達はいつも自分たちの取った行動に関して責任を負う必要がありますが、交通事故のように責任問題がはっきりしているのにもかかわらず状況が変化することがあります。事故後も、すぐに冷静な対応ができて、それが良い結果に繋がるということを確認できます。

慰謝料上のリスク

交通事故が発生するということ、それには単独事故でない場合、やはり加害者側と被害者側が存在することになります。被害者側は加害者側に対して賠償を請求、また加害者側は被害者側に対して賠償を行う責任があります。しかし、どのような形で交通事故が起きたのでこれくらいの金額が支払われます、というように、それらの金額があらかじめ固定されて決まっているのではありません。それは、大きく上下する可能性がある、という点です。

支払われる慰謝料は、全国的に相場というか、平均があります。普通車の場合はこのくらいの金額、それ以外の車種ではこのくらいの金額という相場があります。また、後遺障害の認定において、被害者がどの級に認定されたのか、という点も影響します。そのように不確定要素があるからこそ、私達の対応いかんで、慰謝料は増えることも、また減ることもあるのです。私達が自分ですべてを対応して行おうとするか、また、弁護士に依頼するか、その選択もその振れ幅の中に入っているということは否定できない点です。

後遺障害のリスクは決して易しいものではありません。特に、正しい級に認定されないと十分な保障が受けられないかもしれません。だからこそ、弁護士に依頼します。

外部リンク>>>http://assist.ko2jiko.com/